ヘビースモーカーな芸能人たち

体に悪いということを知りながらも、やめられないというタバコ、タバコはメリットがないと言われています。
しかし、吸い始めるとなかなか断つことが出来ないとも言われているそうです。
今では飲食店で、食事の味を損なわないように、ほとんどのところが禁煙となっているようです。
特にカフェで全席禁煙というところが多いと言われています。
コーヒーは香りを楽しむもの、タバコの香りやけむりで、コーヒー本来の味わいが分からなくなってしまいます。
そのように全席禁煙にする飲食店は増えているけど、ヘビースモーカーは、なかなか禁煙を成功することが出来ないものです。
有名な芸能人でもヘビースモーカーはいるそうです。
それもとてもそうは見えない意外な女性だったりします。
清純派で、意外な女優さんがつねにタバコを吸っていて、やめたいのにやめることが出来ないということで、悩まれたそうです。
しかし、そんなヘビースモーカーだった彼女が、パタリとタバコをやめることが出来たそうです。
なにがあって、禁煙に成功したのかというと、禁煙セラピーの本を読んだのだといいます。
その本には、タバコが人にどのような悪い影響があるのかを、詳しく丁寧に綴られています。
この本を読めば誰でも禁煙することが出来るそうです。

ヘビースモーカーとCOPDの関係

現代、タバコが体に及ぼす影響が認知され政府はタバコの値上げや喫煙場を減らしてますね。
タバコの煙は喫煙者のみならず、その煙が届いてしまう距離の周辺にいる人たち、即ちセカンドスモーカーにも影響するのです。
タバコはCOPDを発症させる1つの原因だと言われています。
まずCOPDとは、慢性閉塞性肺疾患の事です。
そして慢性閉塞性疾患は慢性気管支炎と肺気腫の2つの疾患が総称されています。
簡単に言うと、酸素と二酸化炭素を交換する肺胞が破壊されている事。
私たちが息を止めると苦しくなるように、私たちは酸素無しでは呼吸困難を引き起こし、死に繋がる率が高くなります。
気道閉塞と同じ事にあたるのです。
遺伝的要因もCOPDに関係してくると考えられていますが、タバコが原因の一つだと明確になっている現在、発症率は低いほどいいのですよね。
自分の意思で改善が可能なライフスタイルの見直し、自分の努力で発症率を下げる事が可能なのです。
ヘビースモーカーとは概して一日21本以上タバコを吸う方がヘビースモーカーに当たると見なされています。
では一日20本以下なら大丈夫と言うわけではありません。
タバコはCOPDの関係以外にもさまざまな疾患に関係してきますので吸う数は0に近いほどいいのです。