禁煙しないと体臭で常に換気扇を回すことになる

現代社会はとにかく喫煙者にとって厳しい世の中となっています。最近ではどこに行っても指定喫煙場所というのが定められており、一昔前のようにいつでもどこでも喫煙出来るという夢のような話はどこかに飛んでいってしまいました。そして喫煙者は社会においてだけでなく、一般家庭においても非常に嫌われる存在です。特に父親が喫煙者の場合、体臭がするという理由で他の家族から露骨に換気扇を回されてしまうことがあります。これは暗に喫煙者である父親に、体臭が酷いから禁煙して欲しいということを示唆しているのです。そして通常のまともな感覚を持つ父親であれば、換気扇を家族に回されてしまう程の体臭を持っていると知るとなれば、ショックを受けて禁煙を決意するものなのです。
禁煙をしなければ常に家族から臭い臭いと罵られ、大変辛い思いをすることになります。社会は喫煙者に厳しい世の中ですし、忙しく働いた後に家に帰れば家族に換気扇を回される。これでは喫煙者は会社でしか安らげないということになってしまいます。そして一般的に子供というのは親の喫煙を嫌うものです。なので禁煙を早くしなければ、どんどん子供との仲も悪くなってしまうのです。なので家族に嫌われたくない、子供と仲良くしたいと思っているのであれば、頑張って禁煙を達成することが必要なのです。一度深まってしまった溝というのはなかなか埋めることが出来ないものです。とにかく禁煙は早く始めれば始める程良いのです。妻や子供から尊敬されて慕われる存在となりたいのであれば、まずはとにかく禁煙をしましょう。禁煙をすることでタバコ代も浮きますので、妻からのお小遣いが増えることも期待できますし、良いこと尽くめなのです。